キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【Swift奮闘記ep46】《2冊目》ノンプログラマーのためのSwiftブックをおすすめしない理由

IPhoneアプリ作成Swift奮闘記

前回⇒「【Swift奮闘記ep45】ロック解除する数あてゲームを開発(アプリ制作)

次のアプリ、「第六感を鍛えるカードアプリ」を制作した感想を書こうと思っていた。

実際にアプリは完成して動作も確認できた、が、本の解説が雑で、その次の時計アプリの解説もあまりにも大雑把すぎて、もうやってられないという結論に至った。

どこがだめなのか

以前「【Swift奮闘記ep42】《2冊目》ノンプログラマーのためのSwiftブック(ゼロから作ろう!iPhoneアプリ)を選んだ理由」で書いた通り、アプリ制作中心の内容になっている点は良かった。

でも、とても読み進めてみないとわからない部分で「この本だめだな・・・」っていう部分があってやる気を失ったので、そこんとこ説明しよう。

コード記載ミスが目だつ

まずはコードのミスが数か所見つかった。

昔見たhtml&CSSの本でもコード記載ミスをよく見たが、プログラミングの本ってコードのミスをしやすいのかな。

出版する人たちも読み返しておかしいなって気づきづらいのかな。

コードミスとしては例えば

P212の下、1番目のViewControllerにボタンを紐づける際に

centerCardButtonTapped( ~~

leftCardButtonTapped( ~~~

~~~

っていう風な名前にするのだけど、

p215のコードにはleftCardTappedってなっていて、「Button」が抜けている。

Rightに関してもそう。

 

もう一個言ってみると、p239のprivate func moveToNxtViewController()ってあってるて話。

混乱するからマジでやめてほしいわ~無駄に時間を消費させられて少しムッとするレベル。

説明が雑

一つ一つ細かく説明していたら、ページ数が足りなくなってしまうのはわかるんだけど、それにしてもあまりにも説明が雑すぎる。

初めてこの本を買った人にしたら、「なんでこうなるの?」っていう疑問で溢れると思う。

タイトル「ノンプログラマーのためのSwiftブック」とあるノンプログラマーとは初心者という意味ではないという事か。

全てがダメなわけじゃない

さんざんダメ出ししたが、何もいい点が無かったわけではない。

  • アプリ制作をゼロから作り上げるため、アプリを作るには何をすればいいのかとか、流れを掴むことができる。
  • 色々な関数・プロパティを知れた(setImage,isHidden,setTitle,isUserInteractionEnabled)。
  • まだ取り組んでいないが、時計アプリではアニメーションの勉強が出来そう。

といった具合に、学ぶことはゼロではない。

とはいってもここまでボロクソに言っておいて「はい、買いませんか?どうですか?」ってわけにはいかない、けど紹介しておく。

次からは3冊目に突入する

2冊目はこれにて終了することにして、3冊目に突入する。

3冊目の紹介は次回。

続き⇒「【Swift奮闘記ep47】《3冊目》SwiftでつくるiPhoneアプリやさしい制作入門を選んだ理由

コメント