キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【おすすめ馬の油】基礎化粧品?保湿効果?馬の油って何?

おすすめ

馬の油って・・・なんだ?

前に泊まったホテルの温泉の洗面所に置いてあった「馬の油」

おそらく美容に効果があるんだろうなとは思いつつ、今まで気にせず流してきたが

このたび、妻が上記商品を購入していたので、ちょこっと調べてみることにした。

顔の基礎化粧品として使う

この商品は一体なにかというと

顔の基礎化粧品」といって化粧を塗る前に顔に塗る油(まく)のことである。

これを先に塗る事によって化粧の乗りを良くしたり、さらには化粧を落とす際も洗いやすくなるんだとか。

これ以外も使い方がある。

皮ふの保湿クリームとして使う

さらに「皮ふの保護用のクリーム」としても使える。

つまり、保湿クリームと同じ使い方ができる。

基礎化粧品として使うより、むしろこっちの方がメインか。

乾燥を抑えて、お肌にうるおいを与える

足のカカトに塗ると、赤ちゃんの足の裏のようにツルツルすべすべ。

さらにアトピーやニキビにも使えるっぽい。

 

ヘアオイルとしても使えて、髪の毛のパーマもいい具合にしっとりツヤツヤになる。

子育て中のお母さんにも最適。なぜかというと、授乳で乾燥して乳頭が痛くなった場合にも使えるから。

無香料

香りをつけるようなもの(香料)は一切入っていない。

肌に直接塗りたくるものなので、無香料だと安心。

(中には獣っぽい匂いがする馬油もあるようだ。)

ベタベタしない

クリームではなく油なので、薄く塗ればベタベタせずに済む。

だからと言って、手洗いをしたらすぐに落ちてしまうわけではないので、保湿効果持続するところが良い。

他の馬の油

ソンバーユの馬の油が一番有名みたいだが、違う種類もあったので紹介しよう。

これも化粧の下地に使えるし、また手足や髪にも使用可能。

こちらは若干臭うけど、普通に使える(保湿剤として)という事。

あと100%馬の油ではなくビタミンEも混ざっているっぽい。(比率は書いていない)

馬油のシャンプーもある

馬の油がどのように使われているかわかってきたところで、他の商品についても見ていこう。

前述したように馬の油は保湿力があるので、髪とも相性が良く、そのためシャンプーが出ているのである。

人間の脂肪の成分に近い馬油なので、皮ふ・髪への良く浸透して、頭皮の新陳代謝を促進する

リンス効果もあるので、洗髪後はハリツヤあり、かつ滑らかさが人気。

注意点としては、これは保湿できるシャンプーなので、効果があるのは乾燥肌の人という事。

頭皮油の分泌が多い人が、保湿の馬油を使うと、もっとギトギトになって大変だ。

フケが多くて悩んでいる人(乾燥肌)の人は一度試しに使ってみてもいいかもしれない。

 

最後に

馬油の正体が大分わかってきた。

あとは実際に自分で使ってみて、どれだけの保湿効果があるのか体験してもらえれば、と思う。

 

コメント