キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【おすすめハンモック】キャンプ(山、海)どんな場所でもゆったり使える自立式スタンドハンモック

おすすめ

ハンモックに揺られ、晴れた日に庭でゆっくり本を読む。(優雅な生活の理想形だね

キャンプの寝床としてハンモックを持っていくのもアリ。

または自宅にオシャレインテリアとしてハンモックを設置する。

などなど、ハンモックが欲しくなってきたので、まず調べてみることにした。

おすすめハンモック

まずは結論から言うと、色々調べた結果コレが良い!

これの一体何がすごいかを説明しよう。

自立式スタンド

ハンモックって「木の枝に引っ掛けて吊るすイメージ」があると思うけど、それって結構難しくて掛ける場所って意外とないんだよね。

自立式ハンモックは「掛ける場所は不要」で、その場で設置できる。

自立式と言って、ハンモックを吊るすスタンドがセットでついてくるからだ。

だから場所を選ばなくていいのだ。

に持っていこうがに持っていこうが、家の庭でのんびりしようが、全く制限がないためどこでも使えるのだ。

なんなら家の中でも使う事が可能だ。(接地面がゴムで保護されているので、床に傷をつける心配もない。)

 

折り畳み式

さらにこの自立式ハンモックの優れている点として「折り畳み式」であるということ。

工具なしに、簡単に組み立てられて、簡単にしまう事もできる。

折りたたむと肩に掛けて、持ち運びも簡単にできてしまう。

ちなみに「重量は8.5kg」。コメの10kgの袋よりも軽いくらい、といえば想像できるだろうか。

女子が持ち運ぶには少し大変かもしれないが、男子だったら余裕なくらいの重さ。

 

耐荷重200kg

結構な重さに耐久するんだなと。

スペース的に厳しいかもしれんが、やろうと思えば3人くらいは乗ることができるって事だよね。

まあおそらく耐荷重200kgってのは1人で乗るのをベースとして、一時的な衝撃の考慮して200kgって事だよね。

だから100kgの人が勢いよく乗ったら、そりゃ壊れてしまうだろうし、そこはちゃんと考えなきゃいけないね。

まあ「70kgの人が普通に使う分には全く問題ありません」、って事だね。

 

値段が安いし、評価も高い

前述してきた特徴を備えた上での「この値段」。

さらにamazonの評価やレビューを見たところ、かなり高評価だった。

これは買っても後悔しないやつや。

 

デメリット

無理やりデメリットについて考えてみると、家に設置する場合はかなり場所を取るって事。

感覚的には長さ1m70cm、幅1mは必要だと思う。

広さにゆとりがある部屋だったら全く問題ないね。

あと、さすがに日々の寝床としては使えない(だろう)って事かな。

やっぱ毎日8時間とか寝るとしたら、ベッド(ふとん)の方が疲れが取れやすいのは間違いないと思う。

人間寝返りしなきゃいけないし。

 

他のおすすめハンモック

使う用途が限られるが、かなりおすすめハンモックがあるんだけど、それがコレ。

山や海で使うためのハンモック

蚊帳(網みたいなやつ)がついているから、虫に刺される心配がない。

キャンプする人にとって虫はマジで天敵だから、助かること間違いなし。

ただし欠点としては、自立式じゃないのでどこか掛けるところを探さなきゃいけないところ。

まあ最悪地面に置いて寝てもいいからまあいいけど。

それだったら普通に寝袋(又はふとん敷いて)と

このモスキートネットを付けた方が快適に眠れそうな気がする。

 

質にこだわる人向け(値段高め)

広くてゆったり使えるし、これは何より100%コットン素材っていうのが嬉しいところ。

お肌の感触最高だろうね。

自立式スタンドのハンモックだから場所を選ばないし。

(自立式スタンドはスチール製)

 

とにかく安く済ませたい

自立式じゃなくてよい、掛ける場所も探すからとにかく安いハンモックがいい、という人向けなのはコレ。

もちろん安いからと言って、最低限の機能しかない、というわけじゃない。

しっかり丈夫だし、広さだって二人分あるし、生地は綿100%で通気性もある。

試しに買ってみたいという人にはお勧めだ。

 

最後に

これにておすすめハンモックについて紹介は終わりだが、欲しいものは見つかっただろうか。

俺はやっぱ最初におすすめした自立式のハンモックが欲しい。

場所を選ばないところとか、さらに折り畳み式なのはかなりポイントが高い

それか最初は安いハンモックから試しに使ってみるっていうのもアリかと思う。

コメント