キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【収納有効活用】奥行きがない収納スペースを無駄なく使う方法

やり方

今回、奥行きのない収納スペースを有効活用するやり方を紹介していくよ。

上記画像が今回のターゲット。

本が詰め込まれた棚はご愛敬。

収納を開けてみた

まあとりあえず収納スペースがどれだけ使えないかを見てみよう。

開けたらこんな感じ。

これ、なんと奥行きが30cmもないかな?ってくらい。

 

あまり詰め込み過ぎると戸が閉まらなくなってしまうので、収納スペースは実質20cmもないくらい。

 

ハンガーを掛ける棒を設置しようかとも考えたが、真っすぐハンガーをかける奥行がないので断念。

どっちにしても上部を開拓することでスペースの有効活用につながるのではないかという事で、ちょっとDIY!!

 

早速スタート!…の前に

いざスタート!とか思って道具をチェックしたら、充電忘れのため動かない問題。

夕飯の後に作業しよっと。

作業スタート

とはいっても作業なんて簡単。

ネジをさすだけである。

注意点としてはネジをさす前に、ドリルで穴をあけるとスムーズにいくよ。

どのくらい埋め込むか迷ったけどある程度の強度があればいっかということで、3~4cmは刺したかな。

 

2か所に分けてネジを埋め込んでみた。

 

いい感じにカバンをかける事が出来るようになった。

オシャレかどうかと言われたら、オシャレではない。

 

収納スペースの現在

作業のために一旦出していた物を、元の位置に戻してみたよ。

「カバン、かけてないの…?」という疑問は置いといて、ギターのケースをいい感じにかけている。

今までこのギターケースが手前に倒れてきて、戸が閉まらなくなることがしょっちゅうあったため、それが直っただけで俺は大満足している。

作業時間

20分

質はいまいちかもしれんが、手間があまりかからなかった今回のDIYは気楽だった。

そいじゃ!

コメント