スポンサーリンク

雪が降って狭くなっている三車線はどこを走行すれば良いか問題

俺の思考

雪国は冬になると車の運転が非常に億劫になる。
アイスバーンなどで滑ることなんて多々あるし、道は狭く運転しづらいため事故る可能性は高い。

出来れば冬は運転したくない、と考えているが、なかなかそうもいかないのが現実だ。

そんな雪国での運転で俺がいつも疑問に思っていることを、今回考えていこうと思う。
それは「雪が降って三車線が狭くなった場合、どこを走行すれば良いか」だ。

 

スポンサーリンク

雪が降って三車線が狭まるとは

言葉だけでは何をいっているのかわからないと思うので図解しよう。

以下のように三車線になっている道路があるとしよう。

ここに雪が降った場合、以下のようになる。

雪国に住んでいる人はわかるよな。
両端の道が半分雪に覆われてしまう。

この場合どこを走行するか毎回迷うっていうのが今回の話だ。

 

本音と建前

いやそんなの白線に合わせて走行すればいいでしょ、とそう思ったあなた。
その通りなんだけど、いやそれは本音と建前の話で運転をしない人や現場を知らない人はそう言うだろう。
白線に合わせて走行するのは建前。

交通ルールを守るのであれば白線に合わせるのが間違いないさ。でもね、そうすると両端の車線は完全に死ぬんだよね。

もともと三車線だった道路が一車線になっちゃう

だから自分の前の車がのろのろと白線に合わせてど真ん中を走行していたりすると、「邪魔だなおい〜」となる。自分が急いでたりしたらなおさらだ。
左右に寄って運転してほしい、これが本音。

じゃあどうすれば良いのか

雪が降って狭くなっている三車線はどこを走行すれば良いか問題の答えはハッキリ言って白線に合わせて走行」で、交通ルールに従うしかない

だが俺の考えとしては、円滑な走行・交通循環(渋滞緩和)のために、白線をまたぐなどして二車線で走行するのがベストだと思う。

大人なのだから、それくらいは融通をきかしてほしいところだし、交通ルールを守るとかそんなこといってないで、その辺は暗黙のルールとして効率よく道路を使ってほしいところだ。

 

最後に

ただ、ね。実際に俺が運転するときはその場の空気を読んでいるよ。

皆が縦一列に並んでいるのであれば(一車線なのであれば)それに合わせるし、白線をまたいで二車線になっているのであれば二車線の列に並ぶ。

交通状況に合わせて運転するのがベストだよって事。

雪国の冬の運転は大変だけど、ゆっくり、そしてよく回りを見て気を付けて運転すればリスクは最小限に抑えられる。

以上。

コメント