キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【ビットコインの購入方法】ビットコインを始めるには何をすればよいか

仮想通貨

仮想通貨が、ビットコインが、今とても熱い。盛り上がっている。

僕も!私も!儲けたい!と思っている人はたくさんいるはず。

でも「ビットコインを始めるためにまず何をやればいいかわからない」って人も多いだろう。

そんな人へ向けて、始めるために必要なこと、ビットコイン含む仮想通貨の買い方を簡単に説明していこうと思う。

 

今から参入するのは遅いか

ビットコイン!!と世間が騒ぎ出したのは実は結構前。

はたして今からビットコインを買っても大丈夫なのだろうか?

結論から言えば「今からやっても全然間に合う」だ。

 

俺は、早いとは言えない11月参入だ。

2か月たった今、ビットコインの値段は上昇し、資産もある程度増やすことに成功している。

 

3人に1人がビットコインを買っている」なんて時代が来たらまさにバブルなので危険だが、今はせいぜい20人に1人くらい(体感)だ。

 

(そのバブルへ向けて)今後一般人(普段投資には無関心な人)はどんどん参入してくる。

ビットコイン自体の数は変わらないのに欲しい人は増える⇒ビットコインの価格はまだまだ上がる

つまりまだまだビットコインで儲けることは出来るって事だ。

 

さっさとこのビッグウェーブに乗るべし。

 

ビットコインとアルトコイン

基本的なことだけ説明しておくと、今現在仮想通貨は、ビットコインとその他仲間たち(他の仮想通貨)という風に分けられている。

その他仲間たちの事を「アルトコイン」という。

 

「ビットコインもアルトコインもブロックチェーンという同じ技術を使っているが、ビットコインは知名度が高く、さらに時価総額がダントツでナンバーワンであるため、他の仮想通貨とは分けられている。」

・・・という細かい事は置いといて

 

とにかく仮想通貨には「ビットコイン」と「アルトコイン」がある。ということを覚えておこう。

 

ビットコインを買う方法

ビットコインを手に入れるには「販売所・取引所」で買う必要がある。

販売所・取引所」って何かっていうと、ビットコインが販売されていたりビットコインを買いたい人と売りたい人の直接取引がなされている場所だ。

株を買ったことがある人ならわかるだろう、株を買う際には「証券会社」を通す必要があるよね。楽天証券とかSBI証券とか松井証券とか。

仮想通貨もそれと同様に「販売所・取引所」を通してビットコインを手に入れるのだ。

 

それでもわからない人は「銀行」の口座を作って、そこにお金を入金して、そのATM(口座)からビットコインを買う、というイメージをして頂けたら手っ取り早い。

販売所・取引所」=「ビットコインを売る銀行」(※イメージ)

 

実際にやってみるとすぐわかる。

 

仮想通貨販売所・取引所

では「販売所・取引所」とはどういったところがあるのかというと、「ビットフライヤー」や「ザイフ」や「コインチェック」といったところがある。

いきなり聞くとなんじゃそりゃ?と思うだろう。

俺もビットコインを始めるまで、「ビットフライヤー」と「ザイフ」と「コインチェック」という言葉に対して抵抗があった。てか意味が全く分かっていなかった。

 

ビットフライヤー」と「ザイフ」と「コインチェック」ってのは日本の仮想通貨販売所・取引所の大手。

それぞれ違いがあるので、初心者はとりあえず3つとも登録しておくべし。(登録無料・もちろん維持費もかからない。

本人確認とかがめんどくさいが、郵送の必要が無く、カメラで免許証を撮影してデータを送ればいいだけだ。

 

3つの「販売所・取引所」にはそれぞれ特徴がある。

 

ビットフライヤー

ビットフライヤー」はビットコイン販売所・取引所、またモナコインなど5種類のアルトコインの販売所がある。

 

ザイフ

ザイフ」はビットコインはもちろんのこと、アルトコイン、トークンがたくさん用意されている。

zaifトークン(zaifを経営する会社の株みたいなもん)やぺぺキャッシュ(モナコインのアメリカバージョン)が売っているのは「ザイフ」だけ。

 

コインチェック

コインチェック」の特徴としてはアルトコインが大量に用意されているところ。

リップル(XRP)というアルトコインはかなり注目されていて、数日前に高騰した。

またZキャッシュ、ダッシュ、リスクなど将来性のあるアルトコインが集結している。

いつでも買える状態にはしておくべき。

 

俺のおすすめは「ザイフ」。

欲しいアルトコイン(ぺぺキャッシュ)があるし、チャートが見やすいから。

 

ビットフライヤーも使っているのだが主にガチホなので、取引自体は頻繁にはしていない。

 

ガチホとはガッチリとホールドすることだ。(今は時間とともに仮想通貨の価値はどんどん上がるので、トレードしなくても持っているだけで儲かるからガチホは有効。)

 

お金を入金

先ほど

「銀行」の口座を作って、そこにお金を入金して、そのATM(口座)からビットコインを買う、というイメージ

という話をしたが、「販売所・取引所」に登録後、お金を入金する必要がある。

もしインターネットバンキングの口座がある場合はそこから振り込んでも良いし、ペイジー決済という方法もあるので、送金指示後、すぐに入金となる。

 

ゆうちょのATMでペイジー決済も可能。結構簡単だったんでおすすめ。

 

コンビニから入金することもできる。コンビニに置いてある機械を操作して、レジで最終的に支払えばよい。

 

ちなみに俺は全部の入金方法を試してみたが、一番楽なのはインターネット銀行からのペイジー決済だ。

家にいながら送金できるからだ。

 

外出している場合はコンビニ払いかゆうちょでペイジー決済、どちらも同じくらいの手間。といってもどちらも簡単かつ短時間で完了する

注意点としてはどの方法も手数料がかかることだ。(300円~600円くらい)

 

ビットコインを購入

販売所・取引所」の口座にお金が入金されたら、あとはビットコインを購入するだけ。

注意点としては「販売所」ではなく「取引所」で購入する事、だ。

販売所」は手数料をかなり取られるからだ。

 

取引所」でのビットコインの買い方は少し最初は戸惑うかもしれないが、せめて「指値」と「成行」の意味くらいはググって理解してから購入した方が、あとから失敗を悔やむ可能性が減るよ。

そういうのがメンドクサイ!って人は最初から割り切って「販売所」で手数料を払いつつビットコインを買うのが手っ取り早い。

 

ビットコインを買う際の注意点

ビットコイン初心者は陥りやすい罠がたくさんある。

 

イナゴはよせ

例えば、イナゴには気を付ける事

価格が高騰した仮想通貨に俺も俺も!と購入していくサマのことをイナゴという。

イナゴは価格が急騰下と思ったらその後すぐに急落する。

なので売るタイミングが分からない初心者は高値を掴んだ状態となってしまう。

イナゴにならないように注意しよう。

俺も何度もやった。これをやってしまうと、しばらく含み損を抱えて身動きが取れなくなるから要注意だ。

 

取引所で買うべし

あとは先ほども話したが「販売所」・「取引所」どちらで買うかはちゃんと判断すべき。

俺は何も知らずに「販売所」でごっそり手数料を取られた。

勉強不足の自分が悪い。

 

余剰資金で買うべし

ビットコインはまだ安定していないため、資産が翌日にはゼロ、なんてことになる可能性は十分にある。

なので、無くなってもいいお金(生活費以外のお金)を使ってビットコインを買えば、心に余裕を持ちつつ運用できるからおすすめだ。

借金してビットコインを買うなんてことは絶対にやめよう。

 

最後に

ビットコイン、やるからには最低限の知識をつけてから挑戦すべきだ。

とはいっても上記注意事項を守り、考えながら慎重に投資を行えば大きな失敗はしないと思う。

今日はそんな感じ。

そいじゃ!

仮想通貨で儲けた場合の税金についても書いたのでどうぞ。

⇒「【サラリーマンが仮想通貨で利益が出た時の税金の計算方法】給与所得の税金もう払ってますけど・・・?

↓↓ビットフライヤーに登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で↓↓ザイフに登録
↓↓コインチェックに登録
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント