スポンサーリンク

【ふるさと納税のやり方】『さとふる』でふるさと納税してみた

やり方

本ページでは、『さとふる』というサイトでのふるさと納税のやり方を説明していく。
画像付きで説明するので、参考にして頂けたら幸いだ。
さとふるでふるさと納税する

スポンサーリンク

ふるさと納税について

ふるさと納税は自治体に寄付をしたら翌年の税金が安くなって、さらに返礼品として何割か還元される仕組みだ。

詳しい仕組みについては別記事にて解説しているので見て頂きたい。

実質2000円で商品が手に入る、ということで今回は実際にやりながら進めていこうと思う。

 

寄付する自治体と返礼品

今回寄付する自治体は「宮崎県都城市」で、返礼品は「どんぐりの恵み豚 スライス粋 3.9kg」だ。
10,000万円寄付で豚肉3.9kgなので還元率は50%は悠に越える。(2018年9月27日現在)

総務省から地方自治体へ返礼品は3割程度にするように要請されている昨今であるが、それを守らない自治体がいくつかあるので、ふるさと納税をするのなら今のうちだ。

 

ふるさと納税の手順

それではふるさと納税を行っていく。
さとふる』に新規登録していると前提で話を進める。

まずは寄付したい自治体のページ「どんぐりの恵み豚 スライス粋 3.9kg」に行く。

Amazonで買い物をするように商品をカートに入れる。

 

寄付したい場所(もらいたい返礼品)を全部カートに入れたら「この地域の寄付手続きへ進む」をクリックする。

 

個人情報取り扱いの同意にチェックを入れて、「寄付情報の入力へ進む」をクリック。
個人情報の入力をしていく。

 

入力が終わったら一番下の「入力情報の確認へ進む」をクリック。

キャンペーンがある場合はキャンペーンコードを入力する。
(ちなみにこの時は寄付金額によってAmazonギフト券がもらえるキャンペーンをやっていた。)

 

入力した情報の確認をしたら「上記注意事項に同意の上、送信する」をクリック。

 

これで完了だ。

もしワンストップ制度を利用するのであれば「マイページ」から申請書をダウンロードして記入する。それを自治体に送付するだけで確定申告しなくて済む。
(詳しくはワンストップ精度でググろう。)

 

最後に

ふるさと納税をする自体はとても簡単だ。
その仕組みを理解する事や、実際に行動するのが面倒に感じることが多いようだ。

実際はこんなに簡単なのに…全くふるさと納税をしていない人は本当に損している

俺の年収では今のところ4万円程しか寄付できない(返礼品は2万円程度)ので、今後は年収を増やしてもっと寄付できるように努力しようと思う。

おわり。

コメント