キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【iPadについて徹底的に調べてみたpart2】iPad Pro以外の種類(Air2 mini4 mini2)とアクセサリ(キーボード、ペン)について

おすすめ

徹底的に調べてみたシリーズ。

前回は「【iPadについて徹底的に調べてみたpart.1】おすすめiPadはどれ?選び方は?人気のあるやつを購入する!」で「iPad Pro」について調べた。

今回はiPad Pro以外の種類について調べてみる。

iPad Air 2

iPad Proと同様にいくつか選択できる。

  • 画面の大きさは9.7インチ
  • 容量(32GB/128GB)
  • インターネット回線へのつなぎ方(Wi-Fiモデル/Wi-Fi + Cellular(セルラー)モデル)
  • 色(シルバー/ゴールド/スペースグレイ)

9.7インチ  = 24.0 x 16.95 cm となっており、ほぼB5サイズである。iPad Pro の9.7インチと同じ大きさ。

あれ・・・iPad Pro 9.7インチと比べて何が違うんだろう!!ってことで調べててみた。

iPad Pro 9.7インチとiPad Air2 9.7インチの違い

一見何も変わらない様にみえる二つの機種だが、中をみていくと性能の違いがはっきりわかる。

  • Proは脳がすごい
  • スピーカーがすごい
  • ビデオ撮影がすごい

これじゃ何がすごいのかわからないので、1つずつ見ていこう。

Proは脳がすごい

敢えて脳と書いたが、コンピューターの脳に当たる処理部分(プロセッサ)だ。

これが高性能だと処理スピードが格段に違ってくる。

Air2よりProの方が最新のプロセッサで処理速度が速い。

Proはスピーカーがすごい

Proは4つのスピーカー、Air2は2つのスピーカー。

もちろんスピーカーは数が多いほうが良い。臨場感とか奥行とか表現できるからね。

Proはビデオ撮影がすごい

Proのビデオは4k対応している。

4kって何かっていう説明は省くけど、簡単に言うと解像度がいい(画質がいい)ということだ。

以上の事から

結論 iPad Proの方が優れているということ。

となる。

まあAir2は2万円くらい安いので価格で見るならAir2だが、俺は性能で選びたいタイプ。

↓iPad Pro 9.7インチ

iPad mini 4/iPad mini2

正直この辺になってくると興味が薄れてきて調べる気がなくなってくるが、もしかしたらお宝かもしれないので力を振り絞って調べてみる。

mini4とmini2は何が違うのか疑問が湧いてしまった・・・。簡単に説明!

mini4とmini2の違い

mini4の方が基本的には優れている。

大きく違うところがプロフェッサーの違い。mini2がA7なのに対しmini4がA8と性能が良くなっていて、処理速度が1.3倍ほどかわる。

また、mini4の方が画面が3mmほど大きいのに重さは40gほど軽いのもポイントだ。

性能が落ちるせいかmini2のほうが値段が2万円程安く買える。

用途にもよるが処理スピードが遅い端末はいらないな・・・。

結論 mini2もいらないけど、mini4もいらない。しかしインターネットはあまりやらず電子書籍を見るためだけに使うのであればmini2は買いかもしれん。

iOS 10

これはiPadの種類を言っているわけでなく、オペレーションシステムといってコンピューターに指示を出す大元のことをいう。

それこそ人間の脳みそ的な部分なんだけど、Apple製品にはiOSが入っている。ちなみにアップル以外のスマートフォンとかタブレットにはAndroidという脳みそが入っている。

アクセサリ

part1でも紹介したが以下の3つは買い揃えたい。

  • keyboard(キーボード)
  • Appple pencil(アップルペン)
  • シリコンケース

 

もちろんApple pencilは絵を描いたりする場合につかうわけだから絵を描かない人は必要ない。

ケースは絶対必要だと思う。

ケースつけていなかったら落とした時に画面割れたり本体壊れたりして、一瞬にしてすべてが終わる。

まとめ

Apple社の製品・・・想像以上に魅力的だし性能が良い。

今すぐにでも買いたいが、嫁の機嫌をうかがいながらの購入となる。

俺が今回購入しようと決めたものはこちら。

↓iPad Pro 9.7インチ

液晶の保護も購入予定

あとはキーボードとペンのセット

ケースはかなりケチったがこれで十分だと思う。

以上が今回の調査で厳選した商品たち。

冬のボーナスも入ったことだし、年内には買いたいところ・・・。

長々お付き合いありがとう!

それでは!

コメント