キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【俺のSEO対策】記事修正・リライトで狙ったキーワードで検索上位を目指す方法

やり方

リライトだとかリメイクだとか人によって言い方は様々だが、つまりは記事を書き直すこと精査して修正したり追記したりすること)についてみていこう。

それによってどのような効果があるか、また具体的にどうやってどのように変わるかを見ていこうと思う。

ちなみにリライトする記事の選び方については「【リライト(記事修正)する記事の選び方】アクセスの無い(ゼロの)記事の探し方」を参照。

記事を書き直す効果

今回書き直す記事は「【おすすめゴミ箱】会社・自分の部屋で使うおしゃれなゴミ箱の選び方」という記事。

1か月ほど前に書いた記事なのだが、グーグル検索で15位程まで上がっていた。

GRCという自動検索順位チェックツールで気付いた。

15位だから検索の2ページ目ということ。

検索の上位に来ることによって、Webサイトに来てくれる人の数が増える。

2ページ目の真ん中と1ページ目のトップではその数は圧倒的に違う。

なので皆検索上位を目指すわけだが、記事を書き直す意味はそこにある。

記事を修正・追記することによって順位が上がる(可能性をアップさせる)のだ。

はっきり断言できないところがむず痒い所でもあるが、Googleさん次第なのではっきり言えない。

なので今回わかりやすい様に、具体的にリライトして順位を上げていこうと思う。

具体的なリライト(記事修正)方法

俺が行うリライト(記事修正)の方法としては、冒頭でも書いたが修正と追記。

もっと具体的に言うと「キーワードを盛り込ませる修正・追記」である。

過去にその方法で15~23位を数か月うろうろしていたキーワードを3位まで上げたことがあるので今回も上がると信じてやってみる。

改めて今回修正するページを見てほしい。

⇒「【おすすめゴミ箱】会社・自分の部屋で使うおしゃれなゴミ箱の選び方

おすすめのゴミ箱について紹介している約3,600文字の記事である。

当初狙っていたキーワードは「おすすめ ゴミ箱」とか「ゴミ箱 おしゃれ」であったが、それ以外にも念のためタイトルにキーワードを詰めまくっていたのがよかった。

検索順位変動に大いにパワーを発揮するのはタイトルだ。タイトルにいかにキーワードを詰め込むかがSEO対策(検索順位を上げる対策)のポイントとなる。

<hタグ>というものも大事なのだが今回は省略(というか俺はあまり意識していない。)

サジェストキーワードを盛り込む

グーグルの検索で「ゴミ箱」と入力すると、他に「ゴミ箱 おしゃれ」だとか「ゴミ箱 分別」、「ゴミ箱 収納」と出てくるのがサジェストキーワードというもの。

これをいかに自然に盛り込むかがリライトのポイントだ(と思う。)

サジェストキーワードって何で出てくるかっていうと、「みんなが検索しているからあなたもこの検索ワードで検索したいんじゃないの?」ってGoogle側が勝手にお勧めしてくれてるわけ。

つまり検索数が多い。

ということはコンテンツにそのキーワードを盛り込むことによって、検索からの流入を増やすことができるよね!という仕組みだ。

実際に追記してみた

てことでサジェストキーワードも調べたりして、実際に追記してみた。

追記したことはちゃんと記載する。

どこから追記されたものかはパッとわかる様にしとくとよい。(俺は太い赤字にしている。)

ちなみに文字数は3,600文字だったのが4,200文字へとアップ。

ただ意味もなく文字数が増えるだけでは意味がないが、重要キーワードを盛り込ませることで文字数が増える分にはSEOに効果があると思う。

実際の順位の変動

これは今後月単位で計測していくことになる。

うまくいけば2~5位くらいまで行けるんじゃないかなと思っているのだが、考えが甘いかもしれない。

もしかしたら30位とかまで下落する可能性だって十分ある。

今後に注目頂きたい。

しばらくの間、追跡してこの記事に追記していこうと思う。

追記 平成29年3月22日 少し順位がアップ

まだ記事を修正してから1週間と経っていないが、15位から14位と順位アップを果たした。

といっても記事修正の効果かと言われたら、(今の段階では)そうではない可能性の方が高い。

1~2位くらいのブレは想定しておかないといけない。もしかしたら今後17位くらいまで落ちることもあるかもしれない。

ただ、このまま順位が上がって5位くらいまで行けば記事修正の効果があったとして良いと思う。

記事の順位が上がると、どんないいことがあるかここでおさらいをしてみよう。

記事順位が上がると嬉しい理由

冒頭でも述べた通り「【おすすめゴミ箱】会社・自分の部屋で使うおしゃれなゴミ箱の選び方」という記事ではゴミ箱を紹介していている。

おそらくゴミ箱を買う人ってのは「ゴミ箱を買いたいな」「おしゃれなゴミ箱を買いたい」「おすすめのゴミ箱ってどんなやつなんだろう?

って思いながらインターネットで検索して自分の好きなゴミ箱を探す。

そのときのワードで、例えば「おすすめ ゴミ箱」で俺の記事が上位に来ているとゴミ箱購入予定者は俺の記事を読んでくれるわけだ。

そして記事内に貼ってあるAmazonアソシエイトのリンクなり楽天のリンクをクリックして商品購入ページに進んでくれるわけだ。

ここでそのまま商品を注文してくれると、紹介料として一定の金額が俺に入るわけだ。

サイト訪問者が増えれば増えるほど売り上げは上がり、紹介料も上がり俺は儲かるわけだ。

つまり記事が上位に上がる=儲かるってことと(ほとんど)同じなのだ。

もちろん記事で商品リンクをクリックさせやすい様に誘導しているかどうか、とかいろんなテクニックはあるだろうから一概には言えないけど、普通に考えれば検索上位は売上が上がりやすくなる。

まあそう簡単にはいかないんだけどね。

ドメインパワーがアップ

あと一応これについても触れておこうと思うが、それぞれのサイトがもっているドメインの力、ドメインパワーってのがある。

ドメインパワーが強いと、記事が上位表示されやすくなる。Yahoo!知恵袋や価格ドットコムがいい例だ。

ドメインパワーのおかげでどうでもいい記事さえも上位に上がることがある。

逆に言うとドメインパワーが小さいサイトについてはいくらいい記事をかいても上位表示されない可能性は十分にある。

ちなみに俺のこのブログについてはドメインパワーはカスみたいなもんだから、正直説得力ないよね。まあいいか。

 

ってことでこのままゴミ箱の記事が検索上位表示されてくれることを待つことにする。

追記 平成29年5月13日 1ページに食いこむ

記事を書いてから、さらに追記を施したことにより16位だった順位が地味に上がって、12位まで上昇ししばらくさまよっていた。

 

それがここ2週間でさらなる変化が訪れた。

記事追記から1カ月半ほど経過した頃の事。

12位からは陥落し、元の順位に戻って半ばあきらめていた。

しかしなんと1ページ目まで急上昇したのだ。

追記の効果はすぐには現れず、しばらくしてからGoogleに評価されるという事なのであろうか。

 

それからというもの、1ページ目をキープしたり陥落したりの繰り返しであったが、これからは下降傾向が見られる。

もしかしたらGoogle的に

””「ゴミ箱 選び方」で9位に試しにあげてみたけど、検索者たちはあまりその記事をクリックしないし、クリックしても満足せずすぐに離脱する。この記事は1ページ目には適していない。””

と判断された可能性もある。

まあこれからの動きに注目だ。

追記 平成29年6月20日 1ページ目が安定してくる

9位になったり10位になったり、たまに11位になったり、とかしてる。

6月後半、7月前半になると安定してきてるのが分かると思う。

追記 平成29年8月1日 3位で安定

来たよ、やっと来たよ。

記事修正が効いたかどうかと言われたら微妙だが、「追記修正した記事の順位が上がった」という事は事実である。

ちなみに検索流入は一日1,2人だったのが5人くらいに増えただけだった。

ってことで目標達成となったので、順位を追っての追記はここまででストップすることとする。

 

最後に

記事修正して上位表示させることは俺みたいなSEO素人でもできる事が分かったと思う。

さらに上位に(1位に)なった時、または1年経過した時、のどちらのときに記事を更新しようと思う。

そいじゃ!

コメント