キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【おすすめPCプリンター《自宅》】インクジェット複合機の選び方《家庭用》

おすすめ

ずっと「買わなきゃな~」「選ばなきゃな~」と後回しにし続けてきた家庭用プリンター

家にプリンターが無くてもコンビニで印刷できる時代だから、別に買わなくても何とかなって来た。(USBメモリにデータを入れたりとか手間はかかるが。)

でもやっぱりいつでもすぐに印刷できるっていうのは便利なので、プリンターの購入を前向きに考えることにした。

まずはどんな種類がある?値段は?性能は?最近のプリンター事情について調べて、おすすめのプリンターを紹介する。

 

おすすめPCプリンター

さっそく結論から言うと、コレがおすすめ。

なぜ数あるプリンターの中からこれを選んだかは、のちほど説明するとし、まずは基本的な知識をサラッと押さえておく。

 

複合機ってなんぞ

  • 「プリンター機能」・・・パソコンから印刷指示を出してプリンターで印刷する
  • 「コピー機能」・・・手元にある紙を複製する
  • 「スキャン機能」・・・手元にある紙をパソコン内にデータとして取り込む

以上のうち2つ以上搭載されているプリンターの事を複合機と呼ぶ。

 

価格を抑えたい場合は「プリンター機能だけ」でもいいっちゃいいが、やっぱ免許証をコピーしたりだとかする場面って時たまあるので複合機がおすすめだ。

 

インクジェットとレーザープリンターの違い

プリンターを調べていったらまずぶち当たるのがこの壁。

インクジェットプリンターレーザープリンターっていったい何が違うか

調べたら思ったより分かりやすく、先に言っておくと大体の人は「インクジェット」にしたほうが良いと思う。

(大量に印刷するんだったらレーザープリンターだが、家庭用として軽く使うくらいだったらインクジェットの方がコスパが良いから。)

それぞれの特徴を書き出しておく。

 

インクジェットプリンター

写真印刷などのカラー印刷が綺麗

レーザーに比べたらインク代は少し安い

本体が小さい(コンパクト)。

 

レーザープリンター

印刷スピードが速い

大量印刷する場合、ランニングコストが良い(効率的で安い)。

印刷された部分が水で滲みづらい

 

2つの印刷機は「印刷の仕組みがそもそも違う」ため、いろんな違いが出てくる。

業務用として大量に印刷する予定があるのなら「レーザープリンター」がいいが、家庭用として使う分には「インクジェットプリンター」のコスパが良い。ということ。

 

もし「レーザープリンター」買うならおすすめはコレ。(高性能だが、値段が高いのが欠点。)

 

インクジェットプリンターの選び方

以下のことに注目してプリンターを選んだ。

  • 複合機かどうか
  • 無線Lan機能が付いているか
  • 前面背面給紙
  • 大きさ(特に幅)
  • 印刷時間
  • 替えのインク(互換インクがあるか)
  • パネルの大きさ、操作性
  • 値段

複合機かどうか

プリンター以外の機能も入っている事は絶対条件だった。

コピーするの機会が多いので、特にコピー機能がほしい。

スキャンはあまり使わんがね。(写真をパソコンに取り込む時くらいかな。)

 

無線Lan接続機能が付いているか

プリンター買ったことが無かったから今まで知らなかったんだけど、無線Lan接続機能が付いたプリンターってめちゃくちゃ便利!!

パソコンとプリンターはコードでつなぐのが「常識」だと思ってた。

今の時代、無線Lanルーターを設置していればコードなんていらんのだよ。ビックリ、超ラクじゃん。

これ必須機能だよ、今の時代。

ちなみにおすすめで紹介した「EPSON プリンター インクジェット複合機 カラリオ EP-879AW」はもし無線Lanルーターを設置していなくても、パソコンとプリンターで直接つなげることができる機能がある(Wifiダイレクト)。

 

前面背面給紙

俺が注目したのは印刷時に紙をセットする場所。

前面、っていうのは本体の前面から下の方に埋め込むように紙を入れるのだが、背面っていうのは「上から給紙することができる」んだよね。

つまりハガキやその他の特殊な紙も手差しで給紙ができるってこと。

単純に、前面+背面で給紙できた方が便利だよな~と思った。

 

大きさ(特に幅)

今のプリンターはどれもこれも小さく収められているのだが、冒頭でおすすめしたプリンターの幅は「ほぼA4サイズ」に収められている。コンパクトすぎだろ。

 

印刷時間

インクジェットはレーザーに比べたら遅いのは前述のとおり、なので五十歩百歩であるが、L版の写真を印刷する際は10秒なのか1分なのかの違いくらいは出る

おすすめに選んだプリンターはL版印刷約13秒。

 

替えのインク(互換インクがあるか)

プリンターを所持したことがある人は知っていると思うが、プリンターのインク代ってマジでバカ高い

ぼったくりだろ!って言いたくなるレベル。

だが、そんな人たちのためにEPSON純正品ではなく、互換性のあるインクが売られている。これがまあまあ安い。

なのでプリンターを選ぶときは互換性ある安いインクがあるかどうかをチェックするのも忘れずに。

 

パネルの大きさ、操作性

パネルの有り無しをまず考えなきゃいけないが、あったほうが操作しやすいだろう。

さらにパネルの大きさについては、2.7型以上あれば十分だ。

冒頭のおすすめは4.3型でデカい。しかもタッチパネルになっているので操作性がMAXでよい。

 

値段

ここまで条件が合って、やっと値段を見る。

まあ予算にもよるだろうが、俺は2万円を超えたら買わない。

(それだったらセブンで印刷でいいかな。)

 

ってことで冒頭のインクジェットプリンターの特徴をまとめると

  • 複合機
  • 無線Lan接続&Wifiダイレクト
  • 前面背面給紙可能
  • プリンターの幅は「ほぼA4サイズ」でコンパクト(約34cm)
  • L版印刷が約13秒
  • 互換性のあるインクが売られている
  • 4.3型のタッチパネル
  • 値段は2万を切る(約1万6千円)

以上、かなり条件を満たしていて今すぐにでも購入したい。

ちなみにインクの替え⇒「EPSON 純正インクカートリッジ KUI-6CL-L 6色セット 増量タイプ

互換性がある安価な替え⇒「EPSON インクカートリッジ 互換 KUI-6CL-L 7本セット

他のインクジェットプリンター

もうちょっと価格を下げたい場合、性能をちょこっと落とせば良い。

もっと安いインクジェットプリンターがあるので、紹介しておく。

背面給紙が無くてもいい人におすすめ!

複合機で、幅が約39cm、無線Lan接続&Wifiダイレクト、パネルも1.44型で(タッチパネルじゃない)、なんと値段は約8千円!

これを買おうか…と傾きかけたところで、背面給紙がない事に気づく。

でもかなり悩んだ商品。1万切るのはかなりポイント高い。

 

プリンター機能のみでいいからとにかく安く

複合機ではないが、とにかくプリントだけしたいという人はコチラ。

3千円ってどういうこと、まじで。

この値段でこの性能は十分すぎでしょって事でアマゾンレビューはかなり高評価。

余計な機能はついていなくて、「安い、サイズがコンパクト!」ほんとそれくらい。

でも「3千円だから失敗してもいっか、買い替えればいいし」みたいな安心感みたいなのが皆あるんだと思う。

 

安めで、ある程度機能が欲しい人向け(無線Lanルーター必須)

無線Lanルーターが必須であるが、背面のみの給紙、液晶無し、ワイヤレスプリント化のインクジェット複合機だ。

結構優秀で、あまりお金をかけたくないが、複合機が欲しい人はコレ一択。

 

EPSON以外がいい人

ここまでエプソンばかりを紹介してきたが(実際に性能がいいから仕方がないが)、エプソン以外のインクジェットプリンターを見てみたいという人におすすめなのはコチラ。

ほぼ完ぺきな性能を誇っているが、値段がエプソンより少し高い。

サイズ(幅)も3cmほど大きい。

最後に

普段も使う機会はちょこちょこあるんだが、正月には年賀状を印刷したいので、それまでには買い揃えたいなと思っている(替えのインクもまとめて)

用途に合ったプリンター選びを。当記事を参考にして頂けたら嬉しい

今日はそんな感じ。

そいじゃ!

コメント