キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【家の広さの適正】大きい家に住むメリット・デメリットを考える

俺の思考

妻とよくどんな家に住みたいか、という話をするのだが、結局「やっぱり大きい家じゃなくていいよね」という結論に至る。

今回はその「無駄に広い家」に住むメリット・デメリットについて語っていこうと思う。

 

家族構成と現在の住家

現在「2LDKの平屋の一軒家」(20坪)に「俺・嫁・息子」の3人で住んでいる。

家賃5万円で借りていて、今はかなり満足している。(息子はまだ1歳半。小学校に入学する前には引っ越しをしようと考えている。)

恐らく一般的な家族が住む家の広さよりも少し小さい家に住んでいるんだろうが、今現在はこの家の広さはちょうどいいと思っている。

今回の話に関係ないが、庭も付いてて、車も2台駐車できて家賃5万円は破格

大きな家に住みたい気持ちがないわけでもないが、とりあえずメリットとデメリットをそれぞれ挙げていこう。

 

大きな家に住むメリット

何を以って「大きい家」とするか、によって話は変わってくるが具体的には決めずになんとなく話す。(俺のイメージでは家族の人数よりも遥かに多い部屋数がある家とか。)

物をたくさん置ける

家が広いと単純に物を置けるスペースがある。

もちろん収納スペースもあるだろうし、それ以外にも部屋に本棚を設置したり、ベッドを設置したりできる。

さらにはランニングマシンなんかを設置するなんてことも可能だ。

小さい家だとそれができない。いかに狭いスペースを有効に活用するかを考えなければいけない。

値段を考える他にも家のスペースを考えてからモノを購入しないといけない。

だから広い家に住んでる人は「何も考えずにモノを買う事が出来て」いいなと思う。

遊び場所がある

スペースがあるからこそ、子供たちの遊ぶスペースなんかも簡単に作れる。

ジャングルジムを置いたりすることもできる。

すごい家だと卓球台を置いて、友達を読んで遊んだりもできる。

家の中を走り回ったり、ボール遊びできるのはかなりのメリットかなと思う(デメリットでもあるが)。

親・子供の部屋を確保できる

親の部屋、子供の部屋がちゃんと用意できる。

今の時代では子供の勉強部屋というものは作らず、居間に勉強机を置くのが流行っているとかなんとか。

でもいつまでもそういうわけにはいかない、思春期になったら子供も自分の部屋が欲しいだろうし、自分の部屋で何か熱中する事に励むかもしれない。

もちろん親も同じで、自分の部屋があったほうが良いだろう。

なにか秘め事をすることもできるし、こうやってブログを書いたりするために集中できる静かな部屋、自分のスペースがあれば気持ち的に楽だ。

見栄えがいい

やっぱ大きい一軒家に住むと、周りからの視線が気持ちいいっていうのはあると思う。

○○さんちって立派よね」ヒソヒソ

みたいな話をされると、「(`・∀・´)エッヘン!!」って調子に乗る自信が付く気持ちはわからんでもない。

友達同士でも、家の話になった時に自慢気に話すこともできるだろう。

ただ、あまり自慢すると嫌われるから気を付けよう。

大きな家に住むデメリット

大きな家は良い印象が強いが、デメリットも意外とある。

掃除が大変

俺は家事自体やることが少ないのだが、たまに掃除をする事がある。

俺の家はリビング入れて3部屋しかないため、掃除機をかける程度であれば1時間あればピカピカになる。

広い家だったらどんだけ時間かかるんだよ・・・」って想像するだけでも嫌になる。

ルンバ(お掃除ロボット)とか使うならまだしも、掃除機で全部やるっていうと腰は痛くなりそうだし、熱風で汗はかきそうだし、むちゃくちゃ大変ジャン。

 

子供部屋が目の届かない場所

狭い家だったら子供が今何をやっているのかを常に(大体)把握できるが、子供部屋を完全別の部屋(ましてや2階)だったら、子供が何をしているかも、最悪そこに居るかも把握しづらい。

万が一危険なことが行われていたとして、それに気付くのが遅れてしまうのは大きなデメリットだと俺は思っている。

 

無駄なものを置いてしまう

メリットで物をたくさん置ける、といったが、広いが故、置かなくてもいい余分なものを置いてしまいがち。

せっかく広い家に住んでも物だらけになってしまったら意味がない。

物だらけになりガチな人は「本当に必要なものかどうか」を考えてから物を購入する必要がある。

最後に

大きな家に一度は住んでみたいなという気持ちはあるが、やはり俺はだらしない性格をしているので、余計なものを買いまくってしまうような気がする。

だからこのまま小さい家に住み続けるのがベストなのかな、って思う。(お金の面でも)

最近よく聞くのが、持ち物は少なく、家は小さく、コンパクトに生活する、みたいな。

ええと、「ミニマリスト」といわれるやつだ。モノを持たない生活をする人のことをいう、らしい。

家の所持については、買う派と借りる派でわかれると思うので、その内俺の意見を記事にしようと思う。

今日はそんな感じ。

そいじゃ!

コメント