キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【休みの日は何しようか】平日休みだと一週間が短く感じられる!

おすすめ

普段俺は大学を卒業してから7年程会社員をやっているわけだが、土日が休みの週休2日制だ。

また祝日やその他にお盆休みや正月休みもしっかりとれる。(1年の約3分の1は働いていないことになる。)

土日祝に休むために仕事しているようなもんだ。

次の休みはいつか考えて、「あー、まだ3日あるよ」→「休みのためにがんばろっっと!」ってあるんだけど、水曜日に休みがあると最高によい。

月曜日「明日行けば休みだ。」

火曜日「今日行けば休みだ。」

木曜日「明日行けば休みだ。」

金曜日「今日行けば休みだ。」

次の日行けば休みが待っている、と考えることができる。こう考えれば会社に行くのが少し楽になる。

ただ、土日のほかに毎週水曜日も休みである社会が一般的であったなら、おそらくそれに慣れてしまってて「月曜日と木曜日って憂鬱だよね」って話をしているんだろうね。

前置きが長くなったが、平日休み。(といっても祝日だが。)

何をしようか、考えてみたいと思う。

まずは早起き

休みだからぐっすり寝たい、という人もいるだろうがそれはもったいない。

11時に起きるのと8時に起きるのでは3時間の差が出る。(そんな計算誰にでもできるし!って思うかもしれんが。)映画一本見れるぞ。

朝起きるのが遅いと、結局それを取り戻そうとして夜寝るのが遅くなり次の日の仕事も辛くなるだろう。

「朝頑張って早く起きて一日を有意義に過ごして夜は11時~12時くらいに気持ちよくグッスリ安眠する」という一日の流れを推奨する。

本を読む

今日は実際には8時半に起きた。

起きてすぐパソコンに向かいブログを書いているところだ。

このブログを書き終わったら、まずパンを焼きコーヒーを入れ朝ご飯を軽く済ませる。

服を着替え(ここで気持ちを切り替える。どうもパジャマのままだとダラダラしてしまう。)、コーヒーをすすりながら本を読む。

1、2時間程でいいので何かを見る。

自分のためになる実用書でもいいし、小説でも、自己啓発本でもなんでもいい。

俺は「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」という本を読む。

この本はweb上ではかなり流行ってみんな読んでいる本だ。

ライターとしてやっていきたい人でまだ読んでいないなら、今すぐ読むべきだ。かなり分厚い本で内容も濃ゆい。

俺はまだ少ししか読んでないけど、今日一気に読み進める!

そしてもう一つ読んでいるのが伊坂幸太郎の小説「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」だ

半分くらい読んだ。銀行強盗の話なのだが、人間関係の繊細な心の動きなどをうまく描いている感じだ。俺もこんな文章を書いてみたいもんだ。

読書は午後3時くらいにも取り入れようかと思っている。

では午前読書が終わったらどうするか。

ジムへ

毎日のルーティンとしてジムに通っている。

週6で通い始めてもう5か月目だ。(効果はあまり出ていない。笑)

軽く運動をして汗を流して風呂に入って帰ってくる。これが気持ちいんだー。

すっきりして家に帰ってくる予定だ。

晩飯

夜はうまい飯でも食いに行こう。

ラーメンは・・・いつも食べているし、太るからそばにしよっかな。

まとめ

大したこと書けなかったけど、まずは本読んでジム行って、また本読んでパソコンもいじって、うまいもん食って早く寝ますよって話。

コメント