スポンサーリンク

【ホリエモンが10年後を予想】堀江貴文が予想したカツラの未来・モテる顔の未来

テレビ

俺はホリエモンこと堀江貴文を尊敬している。

彼は常に新しい事に挑戦していて、新しい事を生み出すことができる人間だ。

平成28年10月19日しゃべくり007にホリエモンが出演。

彼は10年後の日本の色々なことについて予言したので、まとめておく。

10年後にこのブログがまだ続いてたらその時答え合わせをしようと思う。

スポンサーリンク

これから就業・転職するなら何業界?

これからの日本の仕事について語った。

現在、人がやっている仕事の多くはロボット化が進み、人間が働かなくてよくなる社会が生まれる。

例えばコンビニのレジ・スーパーのレジなんかは全てロボット、車の運転も自動、またドローン(の自動操縦)を使って代替わりする仕事もたくさんあるだろう。

確かにもうすでにスーパーの自動化は始まっていて、かごに入れるだけで会計されていき、レジという概念は無くなる。

実際に外国で実施されているのか、これからやるのかはわからないけど、確かそんな映像を見たことがある。

人がやってきた作業が全部自動化されたことによって、人々は何していいかわからない状況に陥る

そんな時に何をしたらいいかを教える仕事、又はお手本になる仕事ができるだろう。

遊び。それはまさに芸人の得意とするもの。遊びを教える仕事は芸人にぴったりなのである。

 

以上日本の就業転職の将来であるが、タイトル回収すると「これから就業・転職するなら遊びを教える業界」ということか。

 

今のうちから人生を楽しむ何かを考えておいた方がよさそうだ。

10年後は何顔がブーム?

現在、日本人の女の子の顔は日本人に好かれる顔外国人に好かれる顔は違う。

今後は今まで日本でクローズアップされてこなかったような女の子がクローズアップされてくる。

目がぱっちり二重じゃない人たちの方がブームになるかも

ということである。

どんな顔が流行るか、ハリウッド女優のルーシーリューを例にした。

これは正直どうかな?と思った。

俺の高校の同級生にルーシーリューにそっくりな女子がいたので彼女はきっと大もてだろうな。

つまり結論「10年後はルーシーリュー顔がブーム」

カツラの未来

ホリエモンはカツラのプロフェッショナルの中野浩一さんと仲が良いみたいだ。

一番最初にカツラをカミングアウトしてCMに出たのも中野浩一さん。

現在は植毛に成功したようだ。後頭部の毛を抜いて田植えの要領で前のうすくなったところに植え替える。

今は完全に自毛で普通の髪の毛だそうだ。

将来、カツラは無くなって自分の髪が簡単に再生されて、ハゲで悩む人はいなくなる。

ということだ。

これは確かにそうだが、いつになる事やら。

ハゲで悩んでいる人は多いと思うので、これはかなり朗報。期待を込めてこれは実現してほしい。

カツラの未来は無い。カツラは植毛にとって代わる。

という結論。

カラオケの未来

カラオケの未来はバンドカラオケ。

仕事がロボット化されて、人々は余暇時間は増えるので新しい何かをやりたくなる。

そして生まれたのがバンドカラオケという概念。

もうすでにやっているが、どういうことかというと、カラオケに入っている曲をバンドが生演奏する。それに合わせて歌う。

バンドで歌うのは声量が必要なのでこれを日々続けると、毎日ボイトレやっているような感じになってかなり声量が鍛えられるんだとか。

ということだ。

 

ただ、俺が思うにカラオケが無くなることは無いと思う。

カラオケが家でも気軽にできるようになるのは間違いないだろうが、飲み会の後で人を家に呼びたくない人もたくさんいるのでカラオケボックスは絶対に必要だ。

つまり結論

カラオケは残るが、バンドカラオケというのも流行る

こんな感じでいいか。

どのくらい的中するか?

全て的中すると思う。

10年後と言わず、5年後にはそんな未来が来るんじゃないだろうか。

ホリエモンが未来を予想したものは今後もこのブログで紹介していけたらと思っている。

そして私事であるが、せめて5年はこのブログ続けたいものだ。

そいじゃ!

 

ホリエモンの書いた小説は意外と面白かった!

⇒「【ホリエモンの本の感想】堀江貴文ファンの俺が「拝金」を読んだ感想

⇒「【ホリエモンの本の感想】堀江貴文ファンの俺が「成金」を読んだ感想

⇒「【ホリエモンの本の感想】堀江貴文ファンの俺が「多動力」を読んだ感想

コメント