キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【デスクトップを空にしてキレイにする方法】ゴミ箱をデスクトップに表示させないでフォルダに表示

やり方

昔使っていたパソコンはデスクトップにこれでもかってくらいファイルを置いていた

ていうか意識的にじゃなくて無意識にファイルがたまってた。そういう人は結構多いんじゃないだろうか。

でもなんと今の俺のデスクトップは・・・

全く何も置いてないのだ。

なんでこんなに綺麗にできるか。気になるかな~?いくつかポイントがあるのだよ。ふっふっふ。

ってことで、今回はデスクトップを空っぽにして綺麗にする方法を紹介しようと思う(あわせてWindows10におけるゴミ箱の消し方も紹介)。

ゴミ箱をデスクトップから消す方法(Windows10)

デスクトップをどうやって綺麗に整理するかの話は後述するとして、まずはゴミ箱をデスクトップから消す方法について見ていく。

多分デスクトップからモノを減らしたとしてもMaxで以下のような感じ。

ゴミ箱だけ残る。

まあこれだけ綺麗になればいいが、「むーん!どうしても全部消したいんじゃー!」っていう人もいると思うので、ゴミ箱をデスクトップに表示させないようにする方法を説明する、と言っても簡単だ。

 

デスクトップで右クリックを押し、表示⇒「デスクトップアイコンの表示」のチェックを外す。

ただのこれだけ。

 

表示させるときはチェックを入れればいい。

 

あと、ここからは俺が考えた方法で、俺がやりやすいなと思って採用しているゴミ箱管理方法。

実際にゴミ箱を開きたいときあるじゃん。

そんな時にゴミ箱をデスクトップに表示させていないと、ゴミ箱開くのめちゃくちゃメンドクサイ作業になっちゃうよね、だからすぐに開けるようにしておくのだ。

ゴミ箱をフォルダにドラッグする。

 

すると

フォルダを右クリックすれば一覧に出てくるようになる(固定される)。

こうすればデスクトップにゴミ箱を表示させなくてもすぐにゴミ箱を出せるようになった。

デスクトップを整理する方法

ではさっそく本題であるデスクトップを整理するを解説する。

その方法は、ドキュメントの中に「裏デスクトップ」とでも適当に名付けたフォルダを配置し、それをデスクトップ代わりに使う。

つまり、いつもならデスクトップに保存してたものは「裏デスクトップ」に全て保存するということ。

これを意識するだけでデスクトップは綺麗に保たれる。

この方法はハッキリ言って、見た目が綺麗になるだけで根本的解決にならない方法だが、デスクトップが綺麗だと非常に気持ちいい。

居間が汚い家で例えるなら、今の汚い荷物を奥の押し入れにしまい込んで、居間の見た目は綺麗になった状態だ。

ごちゃごちゃした荷物は押し入れ(「裏デスクトップ」)にしまい込んだままで整理したとは言えないが、まあいいだろう。

最後に

デスクトップが汚くて困っている人は一度やってみたらいいだろう。

あと、デスクトップを綺麗に保つコツとして、下のアプリケーション一覧(タスクバー)にショートカットを作りまくる事だ。

デスクトップにはショートカットは基本残さないようにしよう。

てな感じで今日は終わり。

そいじゃ!

コメント