スポンサーリンク

【腹筋ローラーレビュー】腹筋ローラーで腹筋パキパキ!使ってみた感想!

やり方

腹筋ムキムキになれると噂の「腹筋ローラー」買ってみた。

スポンサーリンク

何を基準にして買ったか

どれも大して違いがなさそうだったので、安さを重視して買った。

腹筋ローラーとダンベルが一緒になった「ダンベルローラー」っていうのもあったのだが、一気に値段が高くなったのでやめた。

とりあえずお手頃価格の腹筋ローラーを試してみることにしたのだ。

組み立てる

かっこいいパッケージ。

 

開けてみると、中身はシンプル。

謎のマットも入っている。

 

説明書もついてた。

組み立て方法と使い方がかかれている。

海外生産のためか、ぎこちない日本語だ。

簡単な手順なので、読まなくてもいいくらい。

 

さっそく組み立てていこう。

まずは棒を用意。

 

片方の棒にローラーを入れる。

 

さらにもう一つのローラーを入れる。

 

もう片方の棒をはめたら、完成。

 

使い方

腹筋ローラーの使い方は大きく分けて「膝コロ」と「立ちコロ」の2種類がある。

膝コロ」はその名の通り、膝をつけながらころころすること。

立ちコロ」は立ったままころころする事。

もちろん「立ちコロ」の方が難易度は高い。

順番としては

  1. 膝コロ
  2. 膝コロ」でゆっくり
  3. 膝コロ」で伸ばしたまま止める
  4. 立ちコロ
  5. 立ちコロ」でゆっくり
  6. 立ちコロ」で伸ばしたまま止める

これを1セットとして、3セットくらい繰り返せば、すぐにパッキパキになれるのではないだろうか。

立ちコロ」ができない人はまずは「膝コロ」を何度もできるようにする。

立ちコロ」が出来そうになってきたら、壁を使って難易度の低い「立ちコロ」をやる。

まあ後は、自分で調整しながらメニューを作れば結構楽しみながら筋トレ出来るのではないだろうか。

※「膝コロ」から「立ちコロ」へ移行するときはケガ(主に腰)に注意して、無理しないようにする事。

使ってみた感想

結論から先に言うと、買ってよかった。

購入して、まずは「膝コロ」を5回くらいやったが、もうその時点で腹筋は悲鳴を上げていて、それから2,3日筋肉痛だった。

ここまで腹筋が筋肉痛になる事ってなかなかないから、効果を実感できて嬉しかった。

んで、それからも気付いたときに5回くらいやるようにして、2週間くらい経つころには、「立ちころ」が1回ギリギリ出来るようになった。

今は膝コロをメインに、たまに立ちころをやったりしている。

あと膝コロで伸ばしたまま止める時間を長くしたりしてる。

【腹筋パキパキ】筋トレで効果を出そう!最速でムキムキになる方法」でも言っている通り、筋トレはオールアウトすれば効果的なので、俺もそれを意識していけば腹筋が割れるのではと思っている。

実際クッキリしてきたし。

ってことで今後は「立ちコロ」をメインにしてやっていけるようになれれば、さらにシックスパックへの道が近づいていくのではないだろうか。

今日はそんな感じ。

そいじゃ!

コメント