スポンサーリンク

【メルカリ・カウル超楽しい】メルカリをやってみた感想と売れたものと販売履歴を公開

小遣い稼ぎ

【メルカリを始める】メルカリを始める前の不安について」にてなかなかメルカリを始める勇気がないよ~とウジウジしていたのだが、ついに(勢い)で始めてみた!のでその感想と成果を報告しようと思う。

あ、ちなみに俺が主にやったのはメルカリとほとんど同じなんだけど、メルカリの本部門の「カウル」ってやつ。

スポンサーリンク

メルカリ(カウル)をやった感想

売れたら嬉しい

まずは率直な事を言うと「売れたら嬉しい」。これである。

俺はもうすでに8冊売っているが、毎度テンションが上がる。(とはいっても数百円の利益しかないんだけどね。)

だからこそ買ってくれた人が満足してくれるように梱包したり、心のこもったメッセージしたら相手から高評価もらえて嬉しい循環。

梱包、慣れるまでが面倒だが・・・

どうやって送ればいいんだろう・・・ソワソワ・・・

とか不安に思っていて、ネットで調べまくったりしたんだけど、慣れたら結構簡単だった。

まずはOPP袋に入れる。

水にぬれても大丈夫なように!という意味ではかなり大事だからお忘れなく。

次に緩衝材(プチプチとか)で包む

緩衝材ってのは商品を衝撃から守るもの。プチプチが王道であるが、俺は違う緩衝材を使ってみた。

ここまでは普通のセロハンテープでぺたぺた止めるのがベスト。

角2封筒に入れる

角二封筒で包んだら布ガムテープでとめる。その方が頑丈だし、見た目も綺麗になる。

ここまでが梱包の流れ。

この後はファミマまたはクロネコヤマトに持ち込むのが「らくらくメルカリ便」の流れになる。

相手方は応対が素早い人が多い

まだ8名としかやり取りしていないから何とも言えないが、今のところこちらから送ったメッセージに対しての返信は速い。

結構マメな人が多いのかなっていう印象だが、評価システムが効いていて、みんないい評価もらいたいがために頑張っているのかなーって思った。

メルカリで物が売れてから相手に届くまでの流れ

「~~が本を購入しました」と通知が来る。

・・・と書こうと思ったが、これはまた違う機会に書く事とする。

売れたものと、利益

詩の作り方 (作法叢書)」定価1,836円

商品代金595円 販売利益341円

 

即・楽・快! ギタリストのための作曲術 ギター脳で世界が広がる(CD付)」定価2,052円

商品代金730円 販売利益462円

 

多動力 (NewsPicks Book)」定価1,512円

商品代金1040円 販売利益741円

 

ひたすら弾くだけ!アコギ・トレーニング」定価1,620円

商品代金525円 販売利益278円

 

ビジネスメール ものの言い方「文例」辞典 (@ベーシック)」定価1,490円

商品代金473円 販売利益231円

 

ギター・ソロ アコギで弾くスタジオジブリの名曲あつめました。」定価2,592円

商品代金1000円 販売利益705円

 

ドラム譜をカホン化! ドラマー直伝 “どんな楽曲もカホン”のほん。 DVD付き」定価2,700円

商品代金980円 販売利益687円

 

ヴォイストレーニング基本講座 福島英 著」定価1,296円

商品代金420円 販売利益183円

 

てなわけで、まとめると

定価15,098円 商品代金(売値)5,763円 販売利益3,628円

となった。

これが多いか少ないかはわからんが、梱包用品1,000円分をひいたとしても「2,500円ほどの小遣い」が稼げたことに感動を覚えている。

もともとは、これからもう読むことは無いであろう本が小遣いと変わったのだ。

買った時の事を考えると 定価15,098円 で「もったいなかったなー」みたいには思うものの、株で言う「損切り」ってやつと同じで、今後使う予定がない本はさっさとうっぱらって利益を確定させてしまった方がいいだろう。

なんかわかりやすい例えをいうとすれば

いつか読む(かどうかわからん)であろう本を100冊取っておく人

それを全部うっぱらって今読みたい本を5冊買う人

どっちになりたい?

俺はどう考えても後者。

これはその人の考え方にもよるんだろうけど、いつか読むって言って置いとく物は、結局大して読まない。

だからモノばかり溜まっていくのだよ。

最後に

まだまだ売りたい本はあるのであと3か月くらいはメルカリを続けて、家の本の整理をしていこうと思う。

んで、本だと利益率があんまりよくないので、もっと高価なものを売っていこうと思っている。

(遊戯王カードを出品してるが今のところ売れていない。)

今日はそんな感じ。

そいじゃ!

コメント