キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【Amazonプライム徹底解説】アマゾンプライム加入が超お得な理由!メリットや特徴は?年会費はいくら?

Amazon

Amazonをよく使って買い物をする人、又は映画やバラエティー番組が好きな人は「Amazon Prime(アマゾンプライム)」に登録すべきだ。

今回俺自身が「Amazon Prime(アマゾンプライム)」に加入したので、良い点(メリット)悪い点(デメリット)を解説していこうと思う。

ではGO!

Amazonプライムとは

Amazon プライム」とはAmazonが提供しているサービスで、送料無料、映画見放題、本読み放題といった内容が年間4,900円(税込み)で受けることができる
月換算すると約409円で、特典を考えると本当に素晴らしいサービス。

もし加入するか悩んでいる人がいたら、お試しで無料登録(30日間)出来るので、それで使ってみて必要だと感じたら継続すればよいし、いらないなと感じたら登録解除すればいいので全く問題ない

Amazonはやっぱり自らが良いサービスを提供しているという自信があるので、離れていく顧客に対して無理やり繋ぎ止める様なことはしない。
良いサービスを提供すれば自然と皆が使うのをわかっているのだ。

Amazonプライムに契約するメリットと特徴

アマゾンプライムの特典は驚くほどにたくさんある。ひとつひとつ見ていこう。

配送料が無料

通常Amazonでお買い物をした場合、2000円以下だと送料(350円)がかかってしまう。(昔は無料だったが2016年4月以降かかる様になった。)
だがプライム会員になっているとそれが無料になる

これはデカい。しょっちゅうAmazonで買い物するなら元はすぐ取れるから、これだけでも加入する価値ある。

※注意
アマゾンが販売・発送している商品に限る

お急ぎ便、お届け日時指定便がいつでも使い放題

プライム会員だとお急ぎ便と当日お急ぎ便が無料になる

お急ぎ便は注文確定から3日以内、当日お急ぎ便は注文確定した当日に配達される。
家に荷物が届くのは早いに越したことは無いよね。

※注意
こちらもアマゾンが販売・発送している商品に限る

さらには、日時指定も嬉しい特典だ。

家にいないときに配達されて、帰宅したら連絡不在票みて電話してきてもらって・・・とかすごいめんどくさいんだよね。

最初から、家にいる日にちと時間を指定すればスムーズに受け取れるし、配達員の負担も減るだろう。

対象の映画やドラマ、アニメの動画が見放題

邦画、洋画、またバラエティ番組等、(個人的には)興味があるものばかりだ。

年間4,900円、つまり月換算すると409円で見放題なのでTSUTAYAやゲオに借りにいく手間とかレンタル料を考えたら超絶お得である。

ただ最新作の映画等は見ることができないので、プライムビデオの使い方としては「プライムビデオにある映画を見る」ってのがポイント。それでも見きれないほどの映画がある。

先に見たい映画をネットで調べたからプライムビデオで探すんではなくて、プライムビデオの中で見たい映画を探す感じ

100万曲以上の楽曲の中から、好みの楽曲やプレイリスト、プライムラジオが聴き放題

やや新しめの音楽をアルバム単位で聴けるので、俺は結構満足している。

俺は何か作業をするときに人気ランキングを流している。
そうすることで普段自分が聞かないような曲が耳に入り、好きになることがある。

自分の音楽の幅を広げるきっかけにもなるのでやってみてほしい。

プライム会員限定セールに参加

タイムセールに通常より30分早く参加できる
早く参加すればするほど売り切れになる前に買うことができる。

あと「プライムデー」という年一回のイベントがあるんだけど、これはプライム会員しか参加できない
タブレット」が8980円⇒5480円(39%OFF)になったり、その他にもたくさんの商品が安売りされるので、この時だけでも(30日お試し無料登録を使って)プライム会員になっておく価値はあると思う。

※プライムデー
アマゾンの安売りイベント。
平成30年のプライムデーは7月10,11日に行われた。

日用品も安くなる

あとAmazonパントリーというサービスもあって

食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。

安い値段で日用品や食品を買える。
簡単に仕組みを説明すると

  1. まずは箱を購入(390円)。
  2. 次に低価格の商品を買い物する。それを箱の中に詰めていく
  3. 箱に収まりきらなくなったら、さらに290円追加してもう一つ箱を用意してそこに商品を詰め込んでいく。

という感じだ。

まあこれはやってみないと実感しづらいと思うが、物によっては都心のスーパー等の半額以下で購入できるものもあるので、ぜひ試して見てほしい。(生協のトドックのイメージ)
どんな商品が対象になるかはこちらを見ていただければわかる。

また、箱代金(手数料)390円をカバーするキャンペーン(「300円OFFキャンペーン」)も平成30年7月31日までやっている。

一人暮らしをしている子供への仕送りとしても最適だ。

写真を無制限に保存し放題

AmazonDriveとはネット上でデータを保管するサービス。

俺は似たようなサービス無料で使っている。その名も、「GoogleDrive(グーグルドライブ)」というものだが、それは一つのアカウントにつき15GBまで。

AmazonDriveは容量無制限っていうのがすごい
ただ、プライム会員をやめた時は保管が出来なくなるし、GoogleDriveで事足りるのであまり必要性は感じない。

対象のKindle本から月1冊無料で読書

これが何よりもお得だと思うのだがどうだろう?
これだけで元取れるよねって話。
毎月1冊Kindle本を見れるって・・・下手すれば1か月、2か月で元取れるよ・・・。

Kindle本だからってラインナップ薄いんじゃないかって思うでしょ、それが実は結構品薄じゃないんだよね。

俺AmazonUnlimited使っているけど読み放題のKindle本でも満足できるくらい品揃えあるし、これに加えて有料のKindle本も含めて月1冊がただになるんだったらマジで最高。

※追記
Kindle本から月1冊無料っていうのはオーナーズラインナップ(約2万冊)の中からであり、オーナーズラインナップに入っている本が正直しょぼすぎる。

Dash Buttonを利用できる

Dash Buttonってのはその名の通りボタンで、それを押すだけで商品を注文できるというもの。
一個500円するんだけど最初の注文が500円引きされるので実質無料で使える

ただ、商品ごとにDash Buttonを買わなきゃいけない。

使い方は、例えばトイレのトイレットペーパーの横にこのトイレットペーパーのDash Buttonを設置しとけば、ストックが無くなってきたなと思えばこのボタンをぽちりすれば簡単に注文完了して商品が届くという事。

アマゾンに一回一回アクセスしてログインして注文するという手間が、「ボタンをひと押し」で済む。

日用品から飲み物、ビール等の酒まで様々な種類を取り揃えているため、よく頼むものはDash Buttonを使おう。

とても便利で革命的な商品(発想)だ。

ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など

おむつやおしりふきが安くなる。
まだ生まれたばかりの赤ちゃんの場合、おしりふきはしょっちゅう使うから出費がかさむから有難い。

例えばこのおしりふき(70枚×24個)は定期おトク便を使えば2,080円⇒1,768円となる。

同居の家族を2人まで家族会員として登録できる

同居の家族を2人までプライム会員に登録することができる。
それにより日時指定できたりお急ぎ便使えたり配達の面で優遇される

気になる質問

解約は簡単にできる?

解約は簡単にできる。
解約手順は以下の通り。

  1.   こちらから解約ページへ移動
  2. Amazonプライム会員登録をキャンセル」をクリック
  3. Amazonプライム会員情報を変更する」をクリック
  4. 会員資格を終了する」をクリック
  5. 20xx/xx/xxに終了する」をクリック

あと、Amazonプライムで30日間の無料体験を行う場合、最初にクレジットカードを登録しなければいけない
継続時は自動でお金が引き落とされて自動更新するようになっている。

無料体験の途中で解約する事も可能で、もしそうするのであれば自動更新されないうちに(30日経つ前に)解約しなくてはいけない。

音楽や動画(映画とか)はダウンロードできる?

ダウンロードできる。ただし、その端末内での利用となる。
例えばダウンロードした動画をDVDに焼いてみるとかはできない。
動画を販売するなんてもっての外だ。

あくまでもWi-Fi環境があるときに動画をダウンロードしておけば、ネット環境がないところでもプライムビデオを見ることができるよね。という使い方ができるようになっている。

北海道でもすぐに届くの?

当日便は届かないが、お急ぎ便なら3日以内に届く。

北海道といっても札幌とか千歳だったらすぐ来るだろうし、僻地だったらさらに時間がかかる。

デメリットは?

デメリットは正直本当にないくらいだ。
強いて言えば、月々325円かかる事と映画を見過ぎて他のことができなくなる事か。

そのくらい素晴らしいサービスで、俺は今まで何で登録していなかったのかって思う。
ただやっぱり映画やバラエティー番組を見ない人にとっては、わずかだけど無駄な出費かも知れないね。

最後に

amazonプライムのサービス内容もその時その時で変わっていくのでこの記事も随時更新していく。

お試しでいいので興味があったら登録してみてくれいっ!

コメント