スポンサーリンク

【夏休みの自由研究】小学生時代の思い出。カップラーメン研究で校長先生に褒められる。

学生時代

夏休みの自由研究と聞くと、懐かしい気持ちになる。

遊びに夢中で夏休みの宿題をすっかり忘れていて、最終日に必死になってやったと言う経験は誰もがあるのではないだろうか。

勉強以外の宿題として、に自由研究ってのがあったんだけど、全国的にあるのかな?

わからん人のために説明すると、「自由研究」とは文字どおり自由に研究したり工作したりして夏休み明けに学校に提出する課題のことである。

その「自由研究」でかけがえのない思い出があるので、紹介しよう。

スポンサーリンク

いつも適当な自由研究

俺は勉強の方の宿題は夏休みが始まって1日2日で終わらせてしまう方で、嫌なことは最初に済ませちゃう派だ。

ただ、自由研究だけはそうは行かなくて、いつも困っていた。

センスがある人は工作をしたりして、素晴らしい作品を作り上げる。迷路を作ったりだとか、ビー玉を使ったピンボールを作ったりだとか。

いつも夏休み明けに廊下に展示される他の人の自由研究をすごいなーと思いながら見ていた。

センスのない俺は昆虫図鑑のカブトムシのページを見て、画用紙いっぱいにカブトムシの絵を書き写した。

一体それが何の意味があるのか、とか全く考えずにただただやることがないからカブトムシを描いただけ。本当に無駄だったなと思う。

もうちょっと工夫して何かやり遂げていたら人生変わっていたかもしれない。

自分で考えるってやっぱ大事だよね。

小学6年生の自由研究で才能開花?!

センスのない自由研究を連発していた俺であったが、最後の自由研究でセンスを爆発させることになる。

カップラーメン研究

仲良い3人組で行うことになったのは「カップラーメン研究」。

誰が言い始めたか忘れたが、ラーメン好きの3人が集まって泊まり込みでカップラーメンを食べて、ノートに評価をまとめるという研究だ。

カップラーメンの数は10くらいであまり多くはなかったと思うんだが、みんなでちょこっとずつ食べて、☆の数で評価してその下にコメントを書いた。

飽きたらゲームをして遊んだりワイワイ会話を楽しんだりして、言ってみればただのお泊まり会だった。

でも普段怒られるからカップラーメンをこんなにたくさん食べられないし、その日は何か特別な気がした。

小学6年生の僕らはその日を大いに楽しんだ。

カップラーメン研究も無事に完成させて翌日解散した。

校長先生に呼ばれる

夏休みが終わり、新学期が始まった。

俺は3人の代表として自由研究を先生に提出した。

その数日後、先生に呼び出しを食らった。

「校長室へ行きなさい」とのことで、もう全く何のことかわからない状態で、絶対に何かをやらかしたと思ってヒヤヒヤしながら俺らは校長室に向かった。

俺らはノックして校長室に入ると、笑顔の校長先生がソファに座っていた。

「ようこそ」と言わんばかりのその笑顔は俺たちの緊張をほぐしてくれた。

校長先生の目の前に机には見たことのあるノートが置いてあった。俺らが提出したラーメン研究のノートだった。

校長先生の正面のソファに座らされ、俺らは夜お泊まりしてカップラーメンを食べたことを怒られるとおもって覚悟していたが、校長先生の口から出て来た言葉は正反対であった。

「これを作ったのは君達だね?素晴らしい!」

校長先生の声は朝の全校集会では絶対に発しないものだった。

俺らは、え?まじで?褒められた。え?いいの?これいいの?うそーん。

非常に困惑していたわけだが、校長先生はベタ褒め。

君達は素晴らしい、誰が考えたんだい?私もラーメンが好きでねぇ〜とラーメントークにも発展したりして。

俺たちは徐々に安心して緊張もだんだん取れて来て、校長先生と軽快に会話をしだした。

評価方法や評価基準、カップラーメン研究の感想、お泊まりの感想。

校長室からでた僕らは盛大に喜んだ。

なんたって学校の長からお褒めの言葉をいただいたのだ。

これほど嬉しいことはなかった。

俺たちは廊下で踊った。

その後俺らの自由研究はしばらくの期間廊下に置かれた。

いい思い出。いい経験。

今でも校長室の中での出来事や校長先生の笑顔は満面だったことは鮮明に覚えている。

この最高の経験ができたことに校長先生に感謝したい。校長室に呼ばれるなんてなかなかできないからだ。それによって具体的に俺らにどういった影響を及ぼしたのかは定かではないが、人格の形成に大いに影響したのではないかと思っている。ありがとう校長先生。

また、自由に思考して自由に課題に取り組む力は本当に人間を成長させるなと思った。それは子供でも大人でも同じだ。

これからも考えるのをやめることはやめようと思う。

自由研究をしようとしている人は、自分の思うままに好きなことを行ってそれを記録するなどして

研究として課題提出するべきだと思うし、子供を持つ親は、子供に自由にやりたいことをやらせるべきだと思う。

そうすることで、ただの勉強では身につかない特別な力が身につく。

あ〜カップラーメンの研究のノートがまだとってあれば面白かったのに〜。さすがにどこにあるかわからないな。残念。

おわり。

 

今はamazonとかで自由研究の手助けになるもの(自由研究キット)が売られているという便利な世の中。

レポートのまとめ方も書いてあるので、楽に自由研究終わらすことができて良いな。

⇒「【おすすめ自由研究キット】夏休み冬休みの自由研究を手助けするアイテム4選

 

コメント