キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【軽量急速充電】外出先でスマホの充電は大容量モバイルバッテリーで安心!おすすめ3つ!比較してみたよ。

おすすめ

iphoneとかAndroidといった「いわゆるスマートフォン」って機能がたくさん備わっていてむっちゃ便利で、言ってみれば持ち運べる極小パソコンの様なものである。

ガラケーの人もまだいるが、スマホ人口はかなりの割合を占めている現代。

ただ、多機能を兼ね備えることによって問題も発生している。

バッテリー問題」である。

朝充電して持って行ったスマホが家に帰るまでに充電が切れてしまうっていう「バッテリー問題」が頻繁に起こる人は是非、解決策として「モバイルバッテリー」の購入を考えてみては!

 

 

モバイルバッテリーとは

モバイルバッテリー(mobile battery)とは携帯蓄電池(ちくでんち)のことであり、コンセントが無くてもいつでもスマホを充電できる便利なものだ。

コンセントがあれば簡単に電気を蓄える事ができるし、大容量のモデルであれば、スマホを何回も充電することができる

また、最近のモバイルバッテリーは大容量の割りに軽量なので、「モバイル」バッテリーとしてかなり機能している。

使っていない人は損している、と俺は思ってる。

 

モバイルバッテリーの使い方

外出先でスマホを充電させるのが一般的な使い方だ。例えば電車の中だったり、会社だったり、コンセントで充電できない時に充電することができる。

 

ちなみに俺の充電方法はちょっと変わっていて、もちろん外出先でもモバイルバッテリーは重宝しているのだが、家にいる時にも使う

家にいるのになぜ使うのか?って思うかもしれないが、いつも手元にスマホを置いていたい俺にとっては、モバイルバッテリーは家で大活躍する。

机に座ってパソコンいじってたり、居間でテレビを見ていたりすると、ふと「スマホ見よう」って思った時にコンセントでスマホを充電していた場合、イチイチ席を立たなければいけない事があるのだ。これって日常的な不便さだよね。

わかるかなーわかるかなーめんどくさがり屋ならわかるよね~。

 

だから家でもモバイルバッテリーで充電する。そうすれば、スマホは常に自分の近くに置ける

モバイルバッテリーの充電は寝ている間にでもしておけばよい。

俺はモバイルバッテリー2台持ちしているので片方は常にコンセントで充電させて片方は常にスマホを充電させてる。

 

この使い方はかなりおすすめでいろんな人に勧めているのだが誰もやってくれない。(悲)

 

モバイルバッテリーの選び方

選ぶポイントとして2つある。

容量を見る

まずは容量に注目する。

モバイルバッテリーの容量が多ければ多いほど値段は上がるわけだが、その分何度もスマホを充電させたり、急速充電することができる。ただ重さが少し増すのがデメリットだ。

 

充電速度を見る

次に充電スピードを見る

必ず仕様が書いてあるのでその出力と入力をチェックしよう。

簡単に説明すると、モバイルバッテリー自体を充電させる事を「入力」モバイルバッテリーでスマホを充電させる事を「出力」というわけ。

もちろん出力時間・入力時間が短ければ短いほど優秀なモバイルバッテリーという事になる。

出力・・・5V/2A

入力・・・5V/1.8A

といったような書き方がされている。このA(アンペア数)を見て充電時間を判断することとなる。

A(アンペア数)と充電速度の関係性の詳しい話は省くけど、とにかくA(アンペア数)が多ければ多いほど充電速度は速い

基準を挙げるとすれば、出力も入力も2A以上はほしい。

 

例えば1.5Aのものと3Aのものとでは充電時間が2倍違うということになる。

なので出力・入力は必ずチェック!

 

おすすめモバイルバッテリー3選

使い道にもよるのだが、例えばとにかく大容量がいい!という人に紹介したいのはこちら。

容量20,000mAHでスマホを5,6回充電させることができる。

出力はなんと4.8Aで急速すぎる充電だ。

タブレットやMacBookを充電させることも可能でなんとも心強い。354gと少し重めなのが難点(俺は全く気にならんけど)

値段も安くて俺はすぐポチった。

 

次に充電何回かしたいけど、大容量はいらないかなっていう人向け

外出って言っても大して長時間でないし、スマホを2・3回充電できればいいやっていう人はこれくらいがおすすめ。

発送重量が204gとかなり軽い。

充電速度が5V/2.4Aで高速ってわけではないが、不便に思わないくらい十分な速度だ。

 

次に、スマホなんて大していじらないけど、もし何かあったときにスマホの充電切れたら困るから1回くらいは充電できれば安心だなっていう人向け。(長いw)

容量は3350mAhでスマホを1回充電できる。なんといっても68gで超軽量なのがセールスポイントだ。

出力が5V/1A、入力が5V/1.3Aだがコンパクトなのがポイント高い

 

実際使ってみて感想

俺が購入して使ってみたのは一番最初に紹介したモバイルバッテリー。

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc

今も充電しながらカメラで撮影したんだけど(笑)モバイルバッテリーにどのくらい電力が残っているかも一目で見ることができる。(MAXで4つポチが光る、今3つ点灯。)

これ出力が5V/4.8Aだからとにかく充電が早い。ビックリするほどね。

あと重さは354gと重そうに思えるがスマホと一緒にポケットに突っ込んで歩くことが結構あるが、全く気にならない。

そして今実際に重さは買ってみたら354gもなかった。350gだった!

あと、地味にうれしいのがACアダプタ(USBコンセント)もついてきたこと

usb%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88

これがあるとスマホ充電じゃなくて、線を取り換えるだけでiPhoneとか充電させることができるし、色々便利。

急速充電にはACアダプタの性能も関係しているから、要チェックだ。

 

※追記 平成30年1月18日

1年以上使った感想を書いておく。

ほぼ毎日(充電の日と使う日と交互)使ったが、特に充電速度が落ちたり、バッテリー容量が減ったりとかは無く、快適に使えた

あえて気になるところを言っておくと、モバイルバッテリーを充電していると「ACアダプタ(充電コンセント)が心配になるくらい熱くなっていたことがあったこと」、かな。

充電が終わったら熱は冷めたけど、充電中はかなり温度は上がるね~。

 

最後に

外出先でのスマホの充電が切れても大丈夫な時の心の余裕っぷり。

スマホの電源が切れない安心感って本当に重要。知らない土地に初めて踏み入れたときとか、ほんとスマホに頼りっぱなしだから、いつでも100%のスマホでいてほしい。

モバイルバッテリーやスマホの急速充電について充電器がキーになるので「【おすすめACアダプター】スマホ急速充電で使うUSBコンセントのおすすめランキングtop8《急速充電器》」を合わせてご覧あれ。

 

 

そして2つ持ちのメリットに気づいた人はぜひ2個目の購入もどうぞ。

コメント