スポンサーリンク

【購入・使用レビュー】マキタ充電式クリーナーCL107FDSHW 《軽くて扱いやすい》

感想

今回、今まで使っていたダイソンの掃除機からマキタの充電式クリーナーに買い換えた
ダイソンの掃除機については4年近く使用して、うまく稼動しない事も増えてきていたからだ。


▲先端のローラーが回らない。多分断線してる。(こちらの記事で紹介)

 

それから我が家では、「お掃除ロボット」が大活躍していて、95%お掃除ロボット、残りの細かい所を掃除機で吸う感じだった。
ただそれだと、ちょっと使うだけなのにこの重い掃除機を出して・・・となるので、もっとお手軽なコードレス掃除機を買おう!ということになったのだ。


▲1万円台で大活躍してくれている。(こちらの記事で紹介)

 

ってことで、今回は実際にマキタの充電式(コードレス)クリーナーを購入・使用してみたので、その様子をお伝えしようと思う。

※コードレスクリーナーなのか、充電式クリーナーなのか、コードレス掃除機、はたまた充電式掃除機なのか、言い方に正解はないが本記事では充電式クリーナーで統一していく。

 

スポンサーリンク

今回購入したマキタ 充電式クリーナー

種類がたくさんあって、どれを買ったらいいかわかりづらかったが結局「CL107FDSHW」という型の紙パックや様々なヘッドが付属してくるものを購入。

(マキタのクリーナーCL107FDSHWに 紙パック10枚入×2セット(A-48511) + ラウンドブラシ アイボリー(A-37471) + 棚用ブラシ アイボリー(A-37552) + じゅうたんノズル スノーホワイト色(A-59950) を同梱されている)

おそらくハイエンドモデルより1,2個ランクを下げたもの。

レビューを見る限り、圧倒的な軽さ、また十分な吸引力を持っていたので、これに決めた。

 

開封の儀

まずはチャチャッと商品の説明をしていく。

箱は意外とコンパクト。そして軽い。

 

紙パック10個×2セット余分についてきた。(全3セット)

 


▲棚用ブラシ アイボリー(A-37552)

本棚などの棚、や窓枠の下部分を掃除するのに良さそう。

 

元々付属のヘッド。基本これを使用する。

 


▲じゅうたんノズル スノーホワイト色(A-59950)  

じゅうたん・カーペット用。

 


▲ラウンドブラシ アイボリー(A-37471) 

パソコンフィルター、空気清浄機フィルターなどを吸い上げるのに良さそう。

 

本体と接続する筒。
これを外して使えばハンディクリーナーとして車の中とかもラクラク掃除できる

 

本体。この時点でむっちゃ軽い。
見た目はご覧の通り真っ白で、スタイリッシュといえばそうだが、味気なさも感じる(人それぞれ)。

 

取説。大したことが書かれてないからほとんど読んでいない。
(覚えてるのは紙パック装着の向きは決まってないとか、それくらい)

 

バッテリー。確か10分ほどしか連続稼動できないが、この小ささだったら納得。

もっと長い時間使うようであれば追加でバッテリーを購入すれば良し。

 

 

バッテリー充電器。
本体からバッテリーを外してこれにセットして充電する。

バッテリー充電の音がうるさいことに注意。(寝室には置けない)

 

ではさっそく、パーツを本体に・・・

 

装着!かっこいい!
力は大して要らず、軽くつけるだけでよい。

 

バッテリーをつけるところはココ。

 

バッテリーのカバーを外して

 

カチッと言うまで押し込めば装着完了。

 

ヘッドをはめる向きに注意する。(間違っても付け直せばいいだけだが。)

 

いい感じだ。170cmの俺で、ちょっと低いかなと感じるくらいの長さ。
女性だと丁度いいくらいだと思う。

 

ボタンワンタッチでダストバッグ収納スペースが出てくる。

 

最初に装着されているのはダストバッグなので、紙パック派の人は付け替える必要がある。(簡単)

 

オレンジ色のフタは絶対捨てないように、とのことだ。

 

紙パックは自分で膨らませてから、装着する。簡単。

 

綺麗に納まった。
紙パック式のクリーナーだと、単純に紙パック代がかかってしまうわけだが、紙パックを替えてしまったら(ほとんど)きれいな状態に戻るので、手間のことを考えるとダストバッグより簡単で、清潔に使用していけると思う。

 

使ってみた感想

まだ2,3日しか使ってないけど、使った感想を書いていく。

音はそれなりにうるさい。
普通のダイソンの掃除機よりは静かだが、ロボット掃除機よりはうるさいかな、という感じ。

記事最後の動画を参考にして頂ければと思う。

 

軽さ

本体がむちゃくちゃ軽いため使い勝手はとても良い。片手で軽々と扱えるから部屋の隅に手を伸ばしながら無茶な姿勢でも掃除が出来る

 

しばらく使ったらまた追記していこうと思う。
とりあえず今時点でむちゃ使いやすいって事だけ言っておく。

 

動画も撮ったのでご覧ください

音とかよくわかるので、動画も一緒に見て頂けたと思う。

 

最後に

初めて充電式クリーナーを買ってみたので、他の機種と比較はできないが、それなりに性能が良いクリーナーが欲しい人は今回の記事のマキタのクリーナーがおすすめ~。

以上。

 

※2019年5月12日追記

バッテリーの予備を買ってみた。これで安心して掃除できる。

ちなみにマキタ純正のバッテリーは高価だが、互換性のある他社のバッテリーを選べば半分の値段で購入できるからオススメ。

さらに2倍の充電容量のバッテリーもあるので、長々と掃除したい人にはオススメ。

我が家で購入した替えバッテリーは「Meng riben」というメーカーのマキタ互換バッテリーであるが、今のところ不具合なく普通に使えている。全く問題なし。

素直に本家のバッテリーを使う正直者が損をする世の中だ。

コメント