キャンペーンの今のうちに是非!!↓


⇒「ひろゆき『1%の努力』を無料で見る方法

【リライト後のアクセス数を調査】記事修正後の順位は果たして上がるのか(3記事で実験)

ブログ運営

【リライト(修正)する記事の選び方】アクセスの無い(ゼロの)記事の探し方」によってアクセスのない記事を抽出することができたので、実際にリライトをしてみて順位を追っていく。

とはいっても以前「【俺のSEO対策】記事修正・リライトで狙ったキーワードで検索上位を目指す方法」で修正した記事のその後を追っている。

アクセスがここ3~4か月で全くない記事3つを修正してみて、それらのアクセス数を追ってみようというのが今回のテーマだ。

元々アクセスが全くないというのがポイント。

全くないのと月に1アクセスあるのでは天と地の差がある。

アクセスが無ければ何も起こらない。

アクセスのない記事はただのゴミと一緒だ

ってことで、アクセス数を0から1にするため実際にやっていこうと思う。

リライトする記事はこの3つ

数か月の間アクセスが0なだけあって、まじで修正する価値もなさそうな記事ばかりしかないんだよね。

(その悲惨な状態が逆にウケる。)

で、まずひとつめが

【スマフォではなくスマホ】5歳の姪っ子と29歳のおじさんが友達になる方法

これはブログを始めてまだ間もない時に書いた(平成28年12月26日)、姪っ子と仲良くなる方法の記事だ。

直し所が満載だったので今回選んだ。

ほんで最後に

【昼寝大事】昼休みの15分の睡眠が俺を変える

記事を書いたのが平成29年2月22日

15分の睡眠が俺をどう変えたか、をわかりやすくしてみた。

何を直したか

まあそれぞれ元の記事は基本的には使いつつ、新たにキーワードを混ぜたり、カットしたりして、アクセスが来るようには修正出来た気がする。

具体的に何を変えたか。

「【スマフォではなくスマホ】5歳の姪っ子と29歳のおじさんが友達になる方法」

まずはタイトルだよね。

「【スマフォではなくスマホ】5歳の姪っ子と29歳のおじさんが友達になる方法」ってマジでひどすぎで、タイトル自体は少し気になるような内容だけど、検索からこの記事に流入するキーワードが一切思いつかない。

全く需要の無いタイトルなのである。

だから検索されそうなキーワードを盛り込んだらこうなった。

⇒「【5歳の子供との遊び方】創作ゲームで子供の心を掴め!子供と遊ぶコツと極意を紹介

こんな感じで、記事の内容も元の内容も生かしつつ、全体的に子供と遊ぶにはどうすればいいかという内容に変えた。

文字数は2,600から2,707にアップ。

増えればいいってもんじゃないけど、結局増えた。

 

「【ブログの書き方】お題(ネタ)は決まっているがなかなか内容が書き進まないときの対処方法」

大幅には直すつもりはないんだけど、まずは本文を2度ほど読み直してみて、読みづらい所や理解しづらい所を書き直す。

少しの修正でアクセスが0から1になるのか検証しよっと。

タイトルは「【ブログの執筆方法】題名(ネタ)が決まっている状態からどんどん書き進める方法」に変更。

本文の文字数は2,517から2,872へ。

 

「【昼寝大事】昼休みの15分の睡眠が俺を変える」

まずタイトルだけじゃ俺がどう変わったのかが分かりづらいので、もうちょっと直感的にわかる様に変えてみた。

⇒「【会社で眠くならないにするための方法】昼休みに10~15分の睡眠を取るだけでも作業効率が全然違う

それに合わせて本文も少し変えた。

文字数は1,463からへ1,560へ。

 

修正後のアクセス

それなりに記事修正したので、今後2,3か月の間、検索からのアクセス数がどういった変化を見せるのか検証していく。

追記していくつもり。

今日はこんな感じ。

そいじゃ!

コメント