スポンサーリンク

Bluetoothってたくさんの機器を同時に同じ場所で使うと他の機器にリンクしちゃうの?

仕組み

本記事ではBluetooth機器を同時に使うと、他の機器にリンクしてしまうことは無いのか?について書いていこうと思う。

もっと具体的に言うと「俺のスマホの音楽が他の人のBluetoothイヤホンに飛ぶことってないのかな?」ってこと。

恐らく干渉し合わないような仕組みがあるんだろうね。せっかく疑問が生まれたので、調べることにした。

 

スポンサーリンク

事の発端

以前ワイヤレスイヤホンについて調べまくったり、その中から実際に使ってみて感想を書き綴った記事をアップした。

 

ほぼ毎日ワイヤレスイヤホンを使ってみた感想はベリーグッド。
線付きイヤホンには絶対戻れないくらい超絶便利なのは間違い。

俺がワイヤレスイヤホンを使う場面っていうのは夜寝る前に映画を見たり、ジムで走るときに音楽を聴いたりする時だ。

使うために、まずはスマホとイヤホンをペアリングする必要があるのだが、そのペアリングで手こずる時がある。
(うまくつながらなくて何度かやり直したり。)

そんなことをやっているときにある疑問が生まれた。

Bluetoothってどうなってんだ?他の機器のBluetoothとなんで干渉し合わないんだろうか?

 

もしかしたら俺が聞いている音楽やYoutubeの音声を他の人が盗み聞きしている可能性ってゼロじゃないんじゃないのか?
Bluetoothで電話もできるけど、盗み聞きされている可能性もぬぐい切れないよね。

って考えてたら気持ち悪くなってきたので、「そんなことないよね?干渉し合わないよね?大丈夫だよね???ねえ!

そんな気持ちをインターネットにぶつけてみることにした、という流れ。

 

Bluetoothとは

まあよくありがちな流れなんだけど、そもそもBluetoothとは何ぞや?ってことを調べれば全てが解決するような気がする。

Bluetoothって電波?波動?ん?

こんな感じで全然わからないオイラは調べてみることにした。

Bluetoothとは

Bluetoothとは近距離無線通信の規格の中のひとつで、イメージとしては昔携帯で「赤外線通信」でアドレス交換できたよね。その赤外線みたいなもの。

でも赤外線と違うのは、機器間に障害物があったとしても10mくらいであれば通信できるということ。
しかもBluetoothは「国際標準規格」といって国際的に使われている共通の通信手段なので、日本以外の機器でもBluetoothと書かれていれば使用することができる。

Bluetoothはペアリングという方法で機器に接続することができる。

例えばワイヤレスイヤホンのペアリングについて。
スマホ(親機)側のBluetooth設定をオン、ワイヤレスイヤホン(子機)側をペアリングモードにすれば、スマホ側でワイヤレスイヤホンを検知することができるので、スマホで承認すれば機器同士が繋がる。

 

結論

ペアリングモードにした時に自分以外にペアリングモードになっているスマホ等があれば、そちらに接続される可能性は十分にある(というかそのスマホ次第)。

ただし、ペアリング設定をしていないのに勝手に接続されることはない。

※追記

パスキーを求められる場合もあるので、親機が子機のBluetoothを認識したら何でも接続できるわけではないようだ。

つまり結局「Bluetoothってたくさんの機器を同時に同じ場所で使うと他の機器にリンクしちゃうの?」という質問の答えは「ペアリングしていないと他の機器に接続されることはない」ということになる。

若干モヤモヤは残るが以上だ。

コメント